サポート対象のデータフォーマット

QFieldはQGISのデータプロバイダとGDALを通して幅広いフォーマットをサポートしています。このページではサポート対象のデータフォーマットの完全なリストを提示しています。

データフォーマット一覧

データフォーマット サポートの可否 備考
Spatialite  
Geopackage  
WMS  
WFS  
WFS-T  
PostGIS  
MBTiles  
Shapefile  
Tiff  
JPEG2000  
WEBP  
ECW ライセンスにより使用が制限されています。
MrSID ライセンスにより使用が制限されています。

もしこの表にお気に入りのデータフォーマットが見当たらない場合は、QFieldで動作するかどうかチェックし、上記の表を更新 して結果を共有してくださればと思います。もしお気に入りのデータフォーマットが機能しない場合は、 問題の報告 を行ってください。データフォーマットの実装を喜んでお手伝いいたします。

ラスターデータ

ラスターデータはとても大きなサイズになる可能性があります。非圧縮のTIFFファイルを扱う場合、多くの場合数GBのデータになるでしょう。 特にモバイルデバイスでは、これは非効率的といえます。

GeoPackageを使う

ラスターデータを処理するためにGeoPackageフォーマットの利用をお勧めします。次のコマンドは raster.tif ファイルを raster.gpkg ファイルにピラミッド画像付きで変換します。EPSG:21781 をご使用のCRSに置き換えるのを忘れないようにしてください。

gdal_translate --config OGR_SQLITE_SYNCHRONOUS OFF -co  APPEND_SUBDATASET=YES -co TILE_FORMAT=WEBP -a_srs EPSG:21781 -of GPKG raster.tif raster.gpkg
gdaladdo --config OGR_SQLITE_SYNCHRONOUS OFF -r AVERAGE raster.gpkg 2 4 8 16 32 64 128 256