QField ーモバイル[Q]GISソリューション

QFieldを使用すると、屋外のGISデータを効率的に処理できます。

QFieldの最適化されたユーザーインターフェイスは、内部で QGIS の全ての機能を備えています。

コンセプト

QFieldはいくつかの重要なコンセプトのもとにデザインされています。

シンプル

フィールドワークで求められることはデスクトップGIS上でのそれとは異なります。画面は小さく、入力するデバイスも違えば、タスクも異なります。

QFieldは、ユーザーインターフェースを複雑にすることなく、ユーザーが必要なタスクを行えるようにすることを目的としています。 これは、フィールドで行う必要があるタスクのみがアプリ上で利用できることを意味します。 他のモバイルアプリの多くはそうではありません。

これはつまり、レイヤーのスタイルの設定、入力フォームの設定やその他のQGISプロジェクトの設定などはすべて、QGISがインストールされているコンピューターで行われるべきであるということです。

QGISとの互換性

QFieldはQGISに基づいています。 これはQGISの再構築ではなく、実際にQGISライブラリを「使用」しているということです。 レンダリングエンジンはQGISデスクトップとまったく同じであるため、モバイルデバイス上でもプロジェクトはコンピューター上とまったく同じに見えます。

QGISプロジェクトの構成オプションとして既に利用可能なものがある場合は、もう一度作り直す必要はありません。 QFieldはQGISデスクトップと同じ編集用のウィジェットを使用します。 プロジェクトがデスクトップ用にすでに構成されている場合は、それをただモバイルデバイス上で実行すれば良いのです。

但し、これはあくまでも「コンセプト」に過ぎないということを記憶にとどめておいてください。このコンセプトは私たちがQFieldを開発する際に絶えず念頭に置いていることです。しかし、すでに開発されているすべてがこのコンセプト通りのものになっているとは限りません。

モードベース

QFieldは モード*を中心に構築されています. モードはQGISデスクトップの *マップツール に似ています。モードはユーザーがデータを*閲覧* しているのか、何か新しく*デジタイジング*しているのかなど、あなたが今何をしているかを定義します。

多言語対応

以下の言語に翻訳されています。

Català

Deutsch

English

Castellano

Eesti

Suomalainen

Français

Galego

עברי

Magyar

Italiano

Lietuvos

Nederlands

Português

Română

Українська

日本語

翻訳にエラーがある場合は、 改善にご協力 ください。

索引と検索